2016年7月9日土曜日

たった「1億分の1」の票では、結果は変わらないと思っているあなたへ

参議院選挙も、明日、7月10日(日)が投票日になりました。

NHKなど、本日はすっかりおとなしくなり、選挙関係の番組など全くありません。
ワイドショーも、昨日から「石田純一氏の都知事選出馬」ばかりです。

いや、そこ違うでしょ。
今、一番国民が注目しないといけない、最も注目してほしい、よく知らないといけない問題は、明日の参議院選です。

今回の参議院選は、3年に一度定期的に行われるもので、任期が6年の参議院議員(参議院には『解散』はありません)の半分を改選するものです。
つまり、今回改選されるのは、6年前の参議院選挙で当選した参議院議員を選び直すものです。

つまり、今回の参議院選挙の結果では、政権交代はありません。政権交代=総理大臣の選び直しは衆議院で行われます。今回の選挙には関係ありません。

では、今回の選挙にあまり大きな意味はないのか?つまり、大した争点はないのか?ということになります。
「大した争点がないのなら、選挙に行っても仕方ないな」
そう多くの人が思って(思わされて)いると思います。
TVでの党首討論はろくにないし、ニュースにも取り上げられない、特別番組なんか、どこの放送局も作らない。
そんな状況で、TVに流れるのは「安倍総理の『アベノミクス』を進めます」という政党CM。

学校教育で、「情報は自分で集めて、それを判断する」なんてことは学んでいませんから、多くの人はマスメディアから流れてくる情報を漫然と聞き流して、なんとなく過ごしているだけでしょう。

今回の参議院選の結果で大きく変わることが一つあります。
というか、これしかありません。
それは、「改憲勢力が参議院でも3分の2の議席を獲得するか」どうかです。

今、衆議院では「改憲勢力が3分の2」を既に獲得しています。(このことを知らない人も多いでしょう)そこで、参議院でも3分の2を獲得すると、改憲勢力は『改憲の発議』を行うことができます。

この改憲の発議で行われるのは、「憲法の条文を変更すること」です。

ここで行われた憲法の条文の変更は、その後、国民投票にかけられ、投票者の過半数が賛成したら、憲法の条文が変更されます。

この時、どのように憲法の条文が変更されるかは、その時の衆議院・参議院で最も多くの議席を持つ党の意見に大きく左右されるでしょう。

憲法の条文は、日本国の最高法規であり、ものすごく影響の大きいものです。

自民党は、自民党の「改憲草案」をHPに出しています。これをまとめたのは、現在の安倍総理を中心とする人達です。

この「自民党の改憲草案」の問題点は、Webにてたくさんの解説記事がありますので、皆さんに調べて欲しいと思います。

で、今回の本論ですが、
「そのような重大な意味を持つ参議院選挙だけど、自分の一票なんて、どうせ一億の国民の中の一票で、投票してもしなくても結果に影響はない」
と思っている人への言葉です。

国政選挙における年代別投票率について

http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

ここを見ると、日本の有権者数は約9000万人。
1億分の1→9千万分の1
投票率が65%程度で、投票者数は約5850万人。
1億分の1→9千万分の1→5850万の1
もし、あなたが20〜24歳だとすると、その年代の投票者は計算から約310万人。あなたの一票は、あなたの年代の人たちの意見を国政に届けることだからです。
1億分の1→9千万分の1→5850万の1→310万の1
ここまでで、すでにあなたの一票の価値は、30倍になることがわかります。

さて、これ以上に票の価値を高める方法はあるのでしょうか?
あります。というか、与党は、これまでその方法で自分たちの票の力を強めてきたのです。

友人に、創価学会に入っている人がいます。彼は、選挙前になると、自分の知人(電話番号を知っている人)にはこまめに、「今度の選挙は、ぜひ○○さんにお願いします」と電話をしてきます。

これが、公明党が自民党と連立を組んで政権与党の中にいる理由です。「公明党が選挙に強い」と言われる理由の一つなのです。

あなたが、あなたの意見に賛同して選挙に行こうと20人に声をかけたら、10人くらい行ってくれるかもしれません。その場合、あなたの票の価値は
1億分の1→9千万分の1→5850万の1→310万の1→30万の1
おおっと、最初に考えていたより、300倍も価値が上がってしまった!

民主主義や、選挙といったものは、本来こういうものです。

同じ政治的思考を持った人が集まって「政党」を作ります。その政党が中心になって、議会を運営していきます。

政党の意見の前に、有権者の意思があるのです。

どうか「どの政党を選べば良いのかわからない」という前に、その政党が何を言っているかを聞いてください。

もう、投票日は明日です。
こんなブログ記事を書くのには、遅すぎるかもしれませんが、この記事を読んで、一人でも投票に行って貰えば嬉しいと思って書いておきます。

最後に私の選挙啓発ポスターを貼っておきます。
「NO VOTE, NO VOICE!
 NO VOTE, NO POWER!
 NO VOTE, NO RIGHT!」
「投票なくして、声は届かない。
 投票なくして、国を動かす力はない。
 投票なくして、自分の権利は守れない」