2014年1月28日火曜日

細川選対の田中秀征氏(元経済企画庁長官)の中途半端な脱原発

数日前に書いたブログで取り上げた、細川・小泉陣営の選対責任者の馬渡龍治氏が、解任されました。
まあ、私のブログの影響ではないようですが(多分)細川・小泉陣営内の主導権争いは、なかなか惨い様相にあるようです。

細川陣営の「脱原発」以外の政策は、石原・猪瀬政権のコピペ? 原発推進疑惑の選対責任者、馬渡龍治氏のブログ

ところで、細川・小泉陣営選対をコーディネイトしているのは、木内孝胤前衆院議員(生活の党)のようです。

自民党を再びぶっ壊す 小泉反原発政局の全貌
http://dot.asahi.com/news/politics/2014012200050.html
 細川氏の選対事務局のメンバーは現時点で約40人。自民党、日本維新の会、民主党、生活の党の現職議員らが派遣したスタッフと元議員らが事務局として詰めている。その一人の木内孝胤前衆院議員(生活の党)がこう語る。
「私が全体のコーディネートをし、元議員らが政策の取りまとめ役です。
政党色はなく、役職もありません。小泉氏からは、日程組みや選挙運動の方法について、かなり踏み込んだアドバイスをもらっています」
 ここを中心に、日本新党時代からの側近や細川氏の古参秘書のグループ、細川政権で首相秘書官を務めた成田憲彦氏(67)や元経済企画庁長官の田中秀征氏(73)ら盟友たち、それに、元官僚などがブレーンとして政策を練っているという。

この木内孝胤前衆院議員には、こういう見方もあるようで。

メンバーはセレブだらけ…細川氏擁立した機関「日本の選択」とは?
女性自身 1月23日(木)0時0分配信http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140123-00010003-jisin-pol
「木内氏は三菱財閥創業者の岩崎家に連なるお坊ちゃま議員として知られていました。小沢一郎氏と近く、小沢氏とともに民主党を離党。前回の衆院選で落選しました。外資系投資銀行出身で、大型買収案件を手がけて数十億円のボーナスをもらったこともある。相当な資産家です」(生活の党関係者)
 ところで、木内氏をはじめ「日本の選択」が細川氏のために奔走する理由はなんなのか。前出のジャーナリストは冷ややかに言う。
「『日本の選択』のメンバーのなかに、再生エネルギー企業の関係者もいます。木内さんも太陽光発電会社に関係していたこともあるので、脱原発に向かった理由もそのあたりかもしれません」
また、このブログでは大飯原発再稼働に際して、野田総理(当時)に慎重な判断を求めなかった議員リストに名が入っています。
脱原発の日のブログ
野田首相に慎重な判断を求めなかった民主党衆参議員リスト
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11271798629.html
この選対の中で、かなりの政治力があると見られる、元経済企画庁長官の田中秀征氏。
細川氏の盟友だとの事で、細川氏を小泉氏と引き合わせて、東京都知事選に担ぎ出したようです。

田中秀征氏の脱原発への考えは、ロイターのインタビューにあります。
インタビュー:細川氏勝利なら安倍おろし、政策転換迫る=田中秀征氏
細川氏は原発の是非をめぐって、安倍晋三政権に政策転換を迫ることになるだろうとし、同氏が主張する「脱原発」は再稼働しないことだと語った。
「このまま再稼働しなければゼロだ。再稼働しないということ。廃炉をどうするかなどはこれからの問題。とにかく止めるということ。(核の)ごみを出すのをやめる。今まで出したごみ(の問題)はある」
「脱原発」と「再稼働しない事」との間には、大きな違いがあります。
自動車で考えれば、「再稼働しない事」は、赤信号で一時停止しただけの状態。
信号が青に変われば、すぐさま走り出す。
これでは、いつ再稼働するか気が気でない。原子力ムラの巻き返しで、すぐにも3.11以前の状態に戻ってしまいます。

「脱原発」の為には、「廃炉」まで持っていかないといけません。
車で言うと、ナンバープレートと車検証を取り上げ、廃車工場送りにする事を決める事です。
それに、再稼働停止状態では原発の危険性は減少はしても、ゼロからはほど遠いものです。これは、福島第一原発4号機の現状からも分かるものです。
この点で、田中秀征氏の脱原発は中途半端で、一時的なものである事が分かります。

実際、細川護煕・小泉純一郎陣営の政策でも「脱原発として、再稼働停止」としか述べていません。

東京都知事選を、単なる政争の具としか用いない姿勢は、東京都民として到底支持出来るものではありません。