2012年6月14日木曜日

産經新聞が必死に削除した記事!関西経済界の醜い本音!

Googleニュースリーダーにはあるのに、どこを探しても削除されキャッシュも残ってない記事がありました。

経団連懇親会「戦犯は政府と原子力安全委員会」 歓迎の声の半面…電力不足懸念も

MSN産経ニュース - 
関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた手続きが進む状況に、関西の産業界からは安堵(あんど)のムードが広がり始めた。大阪市内で13日に開かれた経団連の懇談会では、企業トップから歓迎の声が寄せられた一方、「わずか2基の再稼働 ...


どこかに無いかと探してみたら、Blogに一カ所だけ転載されていました。


自然エネルギーと防災など
http://blog.murablo.jp/pai/kiji/312191.html
以下転載です。

危機感や遅い対応への批判も・経団連懇親会

テーマ:ブログ
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120613/wec12061322540012-n1.htm

(追記:新聞引用ここから)
関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた手続きが進む状況に、関西の産業界からは安堵(あんど)のムードが広がり始めた。
大阪市内で13日に開かれた経団連の懇談会では、企業トップから歓迎の声が寄せられた一方、「わずか2基の再稼働だけ」と、引き続き電力不足に危機感を募らせる意見も上がった。

 「計画停電可能性が小さくなり、みなホッとしているのではないか。今夏は何とかいけるだろう」。
帝人の長島徹会長は、こう話した。
丸紅の勝俣宣夫会長も「よく(再稼働を)決断したと評価したい。これで何とかなるのでは」と述べ、首相の再稼働の表明を評価した。

 だが、電力不足を懸念する意見も少なくない。
「2基のフル稼働までは少ししいかもしれない。乗り越えられると願いたいのが本音」と日本触媒の近藤忠夫会長。
住友金属工業の下妻博会長は「今年はともかく来年は乗り切れないだろう。自由に電気が使えない国は先進国とはいえない」と断言し、さらなる原発の再稼働を求めた。

 一方、夏本番を間近に控えるまで再稼働の見通しが立たなかった“戦犯”について、パナソニックの松下正幸副会長は「政府や原子力安全委員会が迅速に動き、数字など(で安全性)を自信を持って示すべきだった。昨夏から準備期間があったのに本当に遅い」と批判。
ロイヤルホテルの川越一相談役も政府の対応の遅さを指摘し、「再稼働を必要とするなら、イデオロギーや感情論きに、科学的な知見必要性をもっと早く国民に説明すべきだった」とした。

 さらにレンゴーの大坪清社長は大阪市の橋下徹市長の責任に言及。
「関電の筆頭株主だといって反対を大きな声で唱えたので、みんな混乱した」と断罪
「最後は(限定的な再稼働と)軌道修正したが、振り上げたこぶしをどうおろすか、苦労されたのではないか」と話していた。

(追記:新聞引用ここまで)
経済界の連中も結局外からワイワイ言うだけで、何も出来ていないではないか。

数値や安全性をいうなら、その部分は自分達が確かな情報を持っているのではないか。

それを隠して発表もしないで、いい加減なことを言うなと言いたい。

原発再稼働の遅れは、詰まるところは経済界の隠蔽体質が生んだことではないか。

みんなが集まってワイワイ言えるからと言って、言いたい放題は醜い限りだ。

大阪市長があそこまで頑張らなければ、誰も原発の安全性について把握は出来なかっただろう。

混乱させたのは経済界であって大阪市長ではない。

その点はしっかり認識すべきだろう。

経済人などと胸を張っても、結局何も出来ていないではないか。

商売にばかり熱を上げていないで、基礎研究や安全対策などに資金を提供するなど、もっとしっかりしたらどうだ。
(Blogここまで)

大阪市内で13日に行われた懇談会での様子が報告されています。
関西の大企業の本音が、赤裸々に語られてます。

ちなみに、記事に登場する「丸紅の勝俣宣夫会長」は、あの「東電の勝俣恒久元会長」と兄弟。

 【転載】狙うは廃炉ビジネス拡大 東電勝俣会長弟を重役に迎えた日立の卑しい魂胆(1)(2) by 週刊実話
http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-757.html
の記事から引用しますが、(この記事も必見です!廃炉ビジネスにたかる酷い内容です
新日本製鉄元副社長・九州石油元会長の勝俣孝雄は実兄で、丸紅元社長の勝俣宣夫は実弟である。孝雄・恒久・宣夫で産業界の勝俣三兄弟として知られた(実際は5人兄弟)[6]。他の2人の兄弟は勝俣邦道日本道路公団元理事勝俣鎮夫東京大学名誉教授である。
何とも絢爛たる顔ぶれではないですか。

本来、電力が足りない場合は電力の利用を制限する契約で安い電気料を貪ってきた大企業。
大飯原発の再稼働の強硬は、それを防ぐためというのも原因の一つであろう!